手と足で考える

Think by hands and feet

・book design with hideki yoshimatsu, mizue uematsu

・edit with hideki yoshimatsu laboratory

・2019

建築を通して関わりのあるAラボ、研究室、友人など230名が記憶している吉松秀樹(建築家/大学教授)の言葉と、彼が大学で出題した設計課題を集めたのが、『手と足で考える』である。

本は2冊組になっている。『手で考える』には、彼の人生や仕事のターニングポイントであった35歳以上の著者の言葉に纏わる物語と設計課題が収められており、『足で考える』には、35歳未満の若い世代の物語が記されている。

書名には、「建築や街を自分の目で見て身体で感じることが大事。そして常に手を動かしながら考えていく」という彼の設計や人生に対する姿勢と想いが込められている。

吉松秀樹が学生に伝えてきた想いが、みんなの今にどのようにつながっているのか?彼の言葉を透かしてみんなの姿勢が見えてくる——彼の足跡や息遣いやジェスチャーが刻み込まれた、時間と空間が取り結ぶ結界みたいな本

著者名:吉松秀樹、八束はじめ、吉松秀樹研究室OBOGほか

発行:フリックスタジオ

×