HOUSE KANGAROO

・shop, gallery, office, house - renovation

・kawsaki,Kanagawa

・165.23㎡

・2017-

・photo Ichiro Mishima, ON

・gallery IHA 住宅建築賞2020 3位

築35年の建物の改修計画で、1階パン屋、2階カフェとして長い間、地域の人々に利用され交流の場として親しまれた建物である。オーナーの意向によりパン屋とカフェの規模縮小が予定され、私たちの設計事務所と住居を併設し、2018年に改修した。1階にパン屋とカフェ兼ギャラリー、2階にオープンスペースと設計事務所、3階に住居という構成となっている。2階のオープンスペースは、普段は住居や設計事務所のダイニングとして利用されているが、ある時は1階のギャラリーが拡張され展示やワークショップなどが行われる。2階にあったカフェがなくなっても、小規模ながら交流を継承させ、設計事務所と街に接点をもたせようとしている。

前面道路をまたいで傾斜の緑が連続した豊かな環境に恵まれているため、2階に大きなテラスを設けた。既存の室内だったところを半間屋外化し、新規に半間はね出すことで、1間分の新しいテラスとしている。中間期に大きく開放できる開口、デッキが連続したベンチ、植栽を設けて、前面道路の緑と室内をつなげている。テラスの両側は曲面にして既存建物に接し、空間が柔らかく既存に馴染むように考えた。また、2階に上がる階段の向きを変えて、1階の倉庫だった場所に大きな窓と小さな窓を1つずつ新たに設け、カフェ兼ギャラリーを明るい場所にした。3階にはテラス手前に小さな浴室を作った。壁に大きな開口を設けてテラスとつなぎ、浴室とベンチのある脱衣場、洗面場を曲線をつかった構成として部屋と一続きとなる奥まった場所とした。小さくても明るく快適な場所となっている。35年前は専用住宅だった建物を現在では5つの用途からなる複合的な使い方をしている。パン屋とカフェかと思えば、展示もやっている、見上げると設計事務所があるみたいで、住宅にもみえる。そんな建物を目指した。

この改修計画は、多くの工事をセルフビルドで行っている。街に住む、通りに住むことを意識しながらどうやったら住居としてだけではなく人々を招きながらオープンに建物を使って行けるか、原寸大の模型で検討し実験しているわけである。街を歩く人々の気を引きつつ街並みにあった落ち着いた存在として、また住居というプライバシーを守りながらも人々を受け入れる使い方を考え運用しながら、今も改修を続けている。

×